ハスの花     廿日市市 

毎年8月下旬から9月中旬にかけて咲くハスを見ていると、暑さを忘れさせてくれます。
ハスの根の部分が、蓮根で食用になるものには、花粉症を軽減する成分が含まれているようです。
ハスの花 
ハス科はハス1属からなる単型科で、品種は18世紀 5~6種類が、19世紀 90品種栽培されるようになった。現在では、食用種・観賞用種あわせて、 150種に達すると言われているそうです。仏教芸術に所縁があり、寺院・公園の池・城の堀などに植えられて、各地にその名所があります。食用の蓮根とし て、日本人には馴染み深いようですね。